2020年09月14日

"MONOCHROME" Level 6 All Weather Jacket



top.jpg


先週末は新作の秋冬がたくさん入荷しました。
そして2020A/Wより新しいラインナップとして
"MONOCHROME"が始動しました。
そして本日はその中の一つとなる
"Level 6 All Wather Jacket" をご紹介します。


===================================================
20A/Wから新たにスタートする
アーバンタクティカルライン
TROPHY CLOTHING MONOCHROME(モノクローム)

  伝統的手法を用いた物づくり、 ヴィンテージクローズを昇華した
従来のTROPHYスタイルと異なる新たなアプローチ。

  軽量かつ防水透湿、蓄熱保温等、
」機能に長けたハイスペックマテリアルを用いて、
洗練されたアーバンミリタリースタイルをTROPHYらしく提案します。  

モノクロームの名の通り、ブラック、グレー、ホワイトといった
モノトーンカラーを主軸に展開します。

===================================================

Trophy Clothingが現在展開しているラインと、工場背景を変え
機能性の高い素材を採用してラインナップ。
特殊な機械等、技術の高い工場の協力もあり
実現したラインとなります。


DSC_1434.jpeg



第1弾となるアイテムは、
“MONOCHROME” LEVEL 6 ALL WEATHER JACKET.
Vintageのミリタリージャケットをベースに、
生地には透湿性、防風性、防水、耐水性に優れた
3レイヤー素材”SAITOSレジスタードマーク️”を使用した完全防水アウター。
ピーチスキンと呼ばれるやや起毛された生地なので、
マットな質感が無骨な雰囲気となっています。


DSC_1389.jpeg


聞き慣れない言葉もありますので、簡単に性能紹介します。
・透湿性・
汗などの水分を吸湿し、内側から外に蒸気を発散してくれるので、
長時間着用していても快適に過ごす事が出来ます。
・耐水性・
長時間にわたり水圧がかかった条件下でも水の侵入に耐える事を言います。
雨や水の侵入から守り、中に挟み込んだシェルが風を防いでくれます。


DSC_1441.jpeg


縫い目の部分から水が侵入しないように内側にはシームテープを配しています。
シームテープには MONOCHROMEアイテムを示すプリントを入れています。


DSC_1444.jpeg


止水ファスナーもこのアイテムの特徴です。
ファスナーを隠す前立てがある事で、
外からの水の侵入を防いでくれます。


DSC_1446.jpeg


中に湿気がこもってしまった場合も考慮して
胸ポケットにメッシュ素材が採用されていますので
空気を外に逃してくれます。


DSC_1455.jpeg


DSC_1447.jpeg


左肩部分にはlevel6を表示するプリントが施され、
背中には“MONOCHROME”のロゴネームがプリントされいます。
黒ボディは光の当たり加減でプリントが見えてくるのがポイントです。


DSCF8675.jpg


細かい箇所ではありますが、
アメリカから取り寄せた付属を使用。
現在でも、アメリカ国内工場にて
Mil-Specに従って造られている物になります。


DSCF1756.jpg


新たに製作したネーム類も黒で統一。


DSC_1580.jpeg


DSC_1500.jpeg




44K_8987.jpeg




サイズ感は通常のアイテムよりも大きめに作られておりますので
通常通りサイズを選んでいただいてもインナーに
デニムジャケットなども合わせられます。
これからの季節、バイクに乗る時などにお薦めの一枚です。
ダブルジッパーなので裾からファスナーを開ければ
バイクに跨った際もストレス無く着用できます。
いろいろなギミックが詰まったアイテムですので
店頭で袖を通して試してみて下さい。


本日までの入荷情報はこちら







TROPHY GENERAL STORE KANAZAWA
〒920-0059 石川県金沢市示野町39番地
TEL / FAX 076-214-5560
Shop hashtag
#trophyclothing
#trophykanazawa
We can ship overseas.
Payment is PayPal.
Please contact me by mail.


posted by TROPHYKANAZAWA at 20:54| Comment(0) | Item Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: